マーケティングのイロハ

社長が決して人任せにしてはいけない業務

社長という立場は、何を自分でするか、何を委託したり外注するかについて最適な判断を下す必要があります。コア業務は自分で行い、他の人でもできる仕事は外注して自分の時間を確保することが必要です。 ところが、決して人任せにしてはならない業務...
インターネットマーケティング

新・PASONAの法則

新・PASONAの法則は、神田昌典さんが開発した有名なPASoNAの法則をご本人が進化させたものです。消費者の消費行動を促す、メッセージの法則です。これから学ぶ人は新しいほうだけを知っていれば良いと思います。新・PASONAの法則は次の言...
マーケティングのヒント

カスタマーサクセスを導入しよう

顧客がある商品やサービスを購入したとします。何か不具合があったりや使い方に不明点があったりした場合、カスタマーサポートに連絡して解決を図ります。カスタマーサポートは、売り手としては受動的、消極的な活動ということが言えます。 それに対...
マーケティングのヒント

「1」は最悪の数字?

あなたのビジネスは「1つの」「1人の」等、「1」がつくフレーズで表現されませんか。 もしそうであれば、あなたのビジネスは重大なリスクを抱えている可能性があります。 ダン・ケネディは、ビジネスで最も避けるべき最悪の数字は「1」だ...
マーケティングのヒント

社長の仕事はマーケティング

ダン・ケネディは、短期間で事業を成功させるには、セールスとマーケティングに力を注げと言っています。棚の埃を払ったり、帳面を付けたり、従業員を管理したりしてもお金持ちにはなれないと言っています。 セールスとマーケティング以外の仕事をす...
マーケティングのヒント

価格競争を避けるには

商品を販売してしばらくたつと、競合他社が同じような製品、同じような売り方で対抗してくることがあります。 次第に価格競争に陥り、利益が取れなくなっていきます。商品がコモディティー化すると言います。そのような事態は避けたいものです。 ...
インターネットマーケティング

休眠客を復活させて売上をあげる方法

休眠客とは、一度以上購入した履歴があるが、その後購入していない顧客のことです。休眠客とする範囲は、企業、商品によって異なるので、ケースバイケースで取り決めればOKです。概ね3ヶ月~1年の期間、購入が途絶えた顧客とすることが多いです。 ...
マーケティングのヒント

マネして商品・サービスを売る方法

よく、職人の世界では、弟子に技術を直接指導するのではなく、技術をマネして盗ませるということが行われます。 これは私の実体験ですが、以前、楽器の修行をしていたときに、師匠は肝心なことは口に出して教えてはくれず、あくまでも型をマネをして...
マーケティングのヒント

「限定性」の効果

販促を行う際、「限定性」を打ち出してセールスする場合があります。具体的には先着100名、1000個限定、いついつまでの限定販売などです。 趣味性の高いものの限定品であれば、マニアは飛びつくでしょうし、少しでも興味のある商品であれば、...
マーケティングのヒント

アップセルで売上を拡大する方法

家電量販店やカーディーラーなどで、買う品物を決めて「これください」と言った後で、上のグレードの商品を勧められたことはありませんか。それ、アップセルという販売手法です。 アップセルとは、購入の意志を示した顧客に対し、上位グレードの品を...
タイトルとURLをコピーしました